千葉県市川市|障がいのある方のための就労・相談・調整支援
rss

サービス内容

サービスの流れ

サービスの流れ

① 相談の受付

「働きたい」「仕事の悩みがある」などの就労に関する相談を受け付け、ご本人及びそのご家族の方と共に、解決を図り ます。

 

② センター内実習の実施

就職を希望される方には、5日間程センターに通って作業をする、「センター内実習」においでいただきます。
実習を通して職業適性や作業態度、就職準備性などを評価し、ご本人に合った方向性を提案します。

 

③ ご本人に適した職場開拓

ハローワークなどの関係各機関と連携を図り、「センター内実習」の評価結果やご本人の希望などをふまえてご本人に適した職場を開拓します。
面接前、履歴書記入のアドバイスや面接練習を行います。実際の面接の場にも、必要に応じて職員が同行しております。
※ 就職活動支援登録の方は、センター内実習の初日から数えて1年間の登録期間となります。再登録は可能です。

 

④ 職場実習中の指導とアドバイス

面接の場だけでは、ご本人の様子も具体的な仕事の内容もわからない事が多く、事業主の方もご本人も就職を決める事に不安を感じられる事もあるかと思います。まずは実習という形態で実際に働いてみることで、適性を検討します。
実習中は職員が直接付き添って指導したり、従業員の方に助言をするなどして仕事の手順やルールがスムーズに身につくように支援します。

 

⑤ 長期のアフターケアによる職場定着

就職後はセンターからの支援に期限はありません。必要に応じての職場訪問や会社との調整などにより対応します。
また事業主の方に、障害者雇用の助成金制度などさまざまな情報を提供します。

 

⑥ 余暇活動でリフレッシュ

働いている方を対象に、仕事を終えてから気軽に立ち寄れる場所として、金曜日は午後8時00分までセンターを開放しています。
また、リフレッシュを目的に、みんなでの外出やスポーツなどの余暇活動を月1回実施しています。(アフター登録者のみ)
→ 余暇活動について

 

⑦ 生活講座の開催

みなさんの生活について、テーマを決めて、年4回土曜日に生活講座を開催します(アクセス登録者限定です)。
→ 生活講座について

 

⑧ 関係各機関との連絡調整

ハローワーク、市川市南八幡メンタルサポートセンター、市川市障害者支援課、特別支援学校、各施設、その他の就労支援機関など、ご本人に必要となる支援機関との連携を図ります。

センター内実習について

センター内実習の目的

当センターで就職活動支援を行う際に、希望者の方が現在企業への就職が可能な状況かを判断するため、またより安定した就職の実現のために、センター内実習を受けていただき評価を行っております。

概要

センター内実習は、以下のスケジュールで行っております。
実施日:月~金曜日の5日間(4日間作業、1日間は基礎能力検査)
実施時間:9:30~16:30頃(基礎能力検査は半日)

作業内容

実習用のマカロニを、それぞれ決められた量や数を袋詰めし、シーラー機で熱着した後に箱詰めを行います。なお終日の立ち仕事となりますが、障害特性上または体調不良の場合、座っての作業や休憩などは配慮いたします。
後日職員会議にて実習の状況を総合して、現在企業就労できる状況か、長所や課題はどういった点になるかを話し合い、結果として「センター内実習評価表」を作成します(3段階または4段階評価です)。評価表は後に行われる実習生との「評価面談」でお渡しし、その際に長所・課題についても伝えます。企業就労できる状況と判断された方につきまして、その後の就活支援を致します。

安定した就労実現のために

センター内実習の目的は、大きく二つあります。一つ目は、今すぐに働ける状況にあるかを見ることです。生活リズムが整っている、時間を守れるなど、最低限企業から求められる状況をクリアしているかを見させていただいています。
二つ目は、安定的な障害者就労の実現のために、その方の長所(得意)と課題(不得意)を把握するためです。センター内実習は、長所と課題をご自身に認識してもらうことと、後の就職活動の際に本人についてより詳しく会社に伝えるための情報を取得することを目的としております。

全体
計量
袋詰
箱詰